TOP > 副作用とその対処法

シアリス(タダラフィル)の副作用には個人差があり対処方法も違います。

副作用と対処法

シアリスのパッケージ二種類

ED治療薬として多くの男性から支持されているのがシアリス(タダラフィル)です。シアリスは、他のED治療薬よりも持続性に優れている為、EDで悩む多くの男性に支持されているのです。さらに、シアリスは副作用が出にくい医薬品と言われています。とはいえ、全く副作用がでないというわけではありません。用法や用量を守らなければ、副作用が出てしまいます。

シアリスを服用した際に出やすい副作用として、頭痛やほてり、消化不良、眩暈や下痢などの軽い症状が多いです。しかし、眼痛や結膜炎などの目に関わる重篤な副作用も確認されています。青と緑の区別がつきにくくなる等の色覚異常を引き起こしたケースもあるので、副作用が出にくい医薬品だからと言って油断してはいけません。

軽度の副作用であれば体への影響は少ないですが、重篤な症状が現われた場合には、すぐに病院へ行くようにしましょう。

シアリスを服用して副作用を引き起こしても、それほど強いものが無いと言われていますが、健康状態によっては深刻な問題を引き起こす可能性があります。心血管系の病気を持っている方や、心筋梗塞などの既往歴がある方、高血圧・低血圧の方も重篤な副作用を引き起こす可能性があるので、服用を禁止されることがあります。副作用を引き起こすかどうかは、相性や健康状態によっても変わります。たとえ健康な男性であっても、用量・用法を守らずに服用すれば、副作用を引き起こす可能性は非常に高くなります。服用の際には、必ず用量・用法を守って服用しましょう。

軽度な副作用について知っておこう

シアリスの副作用が出た男

シアリスは、あまり副作用を引き起こさない医薬品としてのイメージを持っている男性も多いのではないでしょうか。しかし、上記のように健康状態や相性によっては、副作用を引き起こす可能性もあります。

ここではシアリスを服用した時に出る軽度な症状に関して詳しく見ていきましょう。

シアリスを服用して現れる副作用は、紅潮、背部痛、筋痛、四肢痛、頭痛などが挙げられます。

これらの症状に関してはシアリスを服用して現れる症状の中でも多いものです。

また、かなり低確率(1%未満)ですが、ほてりや動悸、眼充血、眼異常感、上腹部痛、悪心、胃食道逆流性疾患、下痢、口内乾燥、胃炎、腹痛、不快感、肝機能異常、関節痛、眩暈、睡眠障害、鼻炎などの症状があります。

シアリスを実際に服用した際に多く見られる症状は、軽い症状のものが多いですが、どのような軽い副作用であっても症状が出た場合には、服用を中止するなどの適切な処置を行うようにしましょう。

重篤な副作用は?

重篤な副作用について紹介する医者

どんなに優れた医薬品であっても、副作用を引き起こす可能性はゼロではありません。用量や用法を守らなければ医薬品自体の効果より副作用の方が強く出てしまうこともあります。

シアリスというED治療薬は、副作用を引き起こしにくい医薬品としても人気がありますが、稀に重篤な副作用を引き起こすことがあります。健康状態や現在服用している医薬品などを把握して、使用するかしないかをしっかりと見極めましょう。

シアリスを服用すること自体が危険な人もいます。服用することで深刻な問題になるかもしれない方に対しては、服用を禁止することもあります。例えば、心血管系の病気を持つ方は、シアリスを服用すると心筋梗塞や心臓発作などの重篤な副作用を引き起こす可能性があります。服用しようか考えている際には、医師に必ず相談しなければなりません。

また、ニトログリセリン系の薬剤を使用している方、心臓病などの治療薬を服用している方、不整脈や血圧系の症状がある方、心筋梗塞や心不全などを患ったことがある方、肝臓障害のある方、狭心症の方もシアリスの服用は禁止されています。こういった方がシアリスを服用すると、過敏症や心筋梗塞、脳卒中などの重篤な副作用を引き起こす可能性があります。

シアリスが自分と相性が良いのか悪いのかを、しっかりと把握してから服用しましょう。

副作用を引き起こしたら?

シアリスを飲んで副作用を起こしてしまった男

もしED治療薬を服用して副作用が起こった場合にはどうしたらいいのでしょうか?

シアリスを服用して副作用の症状が出た場合には、症状によって対処法をかえていきましょう。

シアリスを服用して最も起こりやすい副作用が、頭痛です。

一般的に頭痛などの強い痛みを感じた場合には、バファリンやロキソニンといった鎮痛剤を飲むことで症状を抑えることができます。シアリスと鎮痛剤の飲み合わせは問題ないと言われているので、頭痛などの痛みを感じた場合には服用してみるといいでしょう。

シアリスを服用して鼻づまりなどの症状が出た場合には、時間が過ぎると症状が消える場合がほとんどです。薬の効果が切れたために自然に治るのです。しかし、鼻づまりなどは生活をするのに不快感を感じますよね。鼻の粘膜を収縮させる点鼻薬などの風邪薬を使用することで症状を抑えることができます。

シアリスを服用して、副作用が一過性のものではなく、長期にわたって症状が出ている場合や、副作用が強く感じられた場合には、病院へ行くのが一番いいでしょう。なにか心配がある場合には、病院でかかりつけの医師に相談するといいでしょう。